フードビジネスで働こう!採用情報

働いている人を知る 焼肉きんぐ 藤村千尋 ラの壱 望月考志 本社勤務 岩永未希 名鉄菜館 国谷正美 ラの壱 高一文

名鉄菜館 国谷正美

入社した際の志望動機は?

学生時代にアルバイトをさせていただき、はじめて中国四川料理の味、完成度の高さを知りました。

また、社員の方から名鉄の歴史や、関連会社の情報なども教えて頂き、規模の大きさを知る事ができ、進路は同じ企業でも工場をイメージしていた所から大きく舵を切り、入社を志望しました。

仕事で大変だったことは?

入社当時は、本館貸切の披露宴や、時間差の宴会場の結婚式、1日3件4件の稼働もあったと記憶しています。

本館の一般営業から披露宴への切り替えでは、木製のテーブルや舞台などの機材を、男手で芙蓉閣から本館までかついで移動、設置して会場設営にあたりました。
席次表と席札を照らし合わせながらの誤字脱字チェック、引き出物の準備はまるで田植え状態でした。

料理も豪華なものばかりで、200名を超える披露宴は本当に恐怖でしたね。

嬉しかったお客様からの言葉は?

披露宴を多数担当させていただきました。
申込みから当日までの半年~1年の間に何回も打ち合わせに見えるのですが、終わるまでは緊張の連続でした。
披露宴が無事終わり、帰り際の幸せなお二人から、最初から最後まで細かい部分までを担当してもらって良かったと言われた時は本当に嬉しかったです。

仕事のやりがいは?

名鉄菜館には、一般ホール、個室、新館などの部門がある中で、週末の法事では、来場から遺影の設置、ドリンクの準備、献杯でスタート、食事のペースをみながら次の料理請求からデザートまで出し終わり、お開き、お支払い、お見送りまでの流れがチームワークによりしっかりやることが出来たかが重要です。

自分自身の自己満足ではなく、お帰りのお客様の表情、言葉から評価を受ける事ができた時に、やりがいを感じています。

将来の目標は?

築44年を超える名鉄菜館ですが、世間では高齢化も進み、まずはエレベーターの設置が近々の必須アイテムだと思っています。今までも親子3代の利用をしていただいている顧客の方が多くみえますが、バリアフリー化して、更に次の世代への利用をますます活発にしていきたいと考えています。

就職活動中の皆さんへ一言

名鉄菜館では、お客様を迎えて中国料理の食事を提供する仕事をしています。

中国料理の知識を日々積み重ね、ハンディーの操作も覚えなければいけません。
外国人、アレルギー、クレームの対応も多数あります。
覚える事は沢山ありますが、ここでは、老若男女、学生さんからお孫さんがいる方まで幅広い年齢の方が働いています。

一緒に楽しく、おいしい名鉄菜館の料理を売っていきませんか。

このページの先頭へ戻る

ラの壱 高一文

入社した際の志望動機は?

豚骨ラーメンの味に魅了され、この味を是非地元(韓国)に持ち帰りたいと思ったことがきっかけでした。

今まで経験したことのないラーメン文化、元気のいい接客に衝撃を感じ、この仕事なら楽しくやっていけそうだという確信と、その当時の先輩たちの言葉からこれから成長が期待される会社であったからです。

仕事で大変だったことは?

愛知万博が開催された2005年はスタッフが集まりづらく、体力的に辛い勤務が続きました。その後は普段からスタッフの確保に努め、当時のようなことはなくなりました。

また、自分自身が目標を見失い、何をしたいか、何をすべきかが分からなくなったときは精神的に辛かったですね。
この経験からビジョンをもつことの重要さを学びました。

嬉しかったお客様からの言葉は?

以前は店舗マネジメントの全業務(販促企画、人材育成、求人、経理業務)を一人でこなせるようになったことでした。

今はスーパーバイザー(SV)として、店舗を育てる仕事から店舗を育てられる人材育成に仕事がシフトしたことです。

店長として指導を受ける立場から、SVとして複数の店舗の仲間をサポートする立場になり、仕事の責任の大きさを感じるたびに、私自信の成長も感じています。

嬉しかったお客様からの言葉は?

「うまかったよ」みたいな漠然とした言葉が嬉しいですね。
簡単な言葉ですが、この中に含まれる意味に深みを感じます。

「うまかった」という言葉は、お客さまからの「ありがとう」という感謝の気持ちだと思います。

仕事のやりがいは?

人の成長と共に店舗が育ち、店舗が育つと共にラの壱のブランドが育つところ。
部下を持つ立場になり、自分の仕事が彼らの成長につながり、それが企業の成長につながっているところです。
私もその中で成長し続けています。

将来の目標は?

ラの壱のブランドをもっと強くしていく。そして、そのトップに立つ!
博多生まれ名古屋育ちの「ラの壱」を日本全国、世界各国に羽ばたかせます。

就職活動中の皆さんへ一言

就職をゴールだと思わず、人生のゴールに向かっての通り道だと思ってください。

正直、社会は甘くない。思うように行かないことの方が多いです。その中で、人に支えられ、人を支えながら成長していくのが「会社」であり、「社会」でもあります。

自分に甘えず、シビアになることで、夢は現実となり、絶望は希望となります。
そして、「辛い」が「幸い」となります!!

このページの先頭へ戻る

ラの壱 望月考志

入社した際の志望動機は?

歴史が浅く、人数も多くないのでお互いの顔が見られるのではと思い志望しました。

人と接する事が好き、というのが最大の理由です。

仕事で大変だったことは?

お客様の期待を裏切らない事です。
接客、商品にムラが出るようでは一流とは言えません。

本調子ではなかったり忙しくても、いつもの笑顔、おいしさを提供する事。その為の人員配置や新人教育、勿論自己管理も常に良い状態に保つ事を意識しています。

嬉しかったお客様からの言葉は?

「発信力」が成長したと思います。
会社からの押しつけというより現場からの提案、改善で前進している事を感じます。また、現場でのお客様への発信が次回来店に繋がることや、一緒に働いているパート・アルバイトさんとのチーム作りの際でも、私の発信力次第でチームが大きく成長できることも経験しました。

嬉しかったお客様からの言葉は?

事故に遭われ入院されたお客様からの言葉です。

「今、退院してきた。」

入院中食べたくて食べたくてたまらなかった当店の”もと味”。
退院直後にいらっしゃいました。

仕事のやりがいは?

いつもご来店頂いているお客様がご家族、ご友人を連れて来られた際「どうだ、ここのラーメンはうまいだろう。」などと自慢されているのを聞いた時です。

他では味わえない感動をすると共に、この仕事を選んで良かったと思い、やりがいを感じます。

将来の目標は?

今は店長という立場ですが店舗開発、商品開発などにも携わりたいです。
板前がにぎり、高級だった寿司が今主流の回転ずしになった様に、現状に満足せず世間が驚くような「ラーメン店革命」をいつか起こし、新しいスタンダードを作りたいと思います。

就職活動中の皆さんへ一言

好きな事を仕事にする。理想だと思います。
それが見つからないのがプレッシャーの人もいると思います。

そんな人は逆説的に仕事を好きになれる会社を選んでみたらいかがでしょうか。

その環境がここにはあります。
お会いできる日を楽しみにお待ちしています。

このページの先頭へ戻る

焼肉きんぐ 藤村千尋

入社した際の志望動機は?

私はメイフーズで働いている「人」を見て、入社を決めました。
皆働いている姿が活き活きとしていて、仕事に対する熱意を感じ、「この人達と一緒に働きたい」と思いました。

また、風通しのよい社風で自分の意見が取り入れられることも魅力でした。
まだ若い会社で、成長段階であるメイフーズを自分の力で成長させてみせるという思いがありました。

嬉しかったお客様からの言葉は?

自分目線ではなく、相手目線で物事を考えるようになりました。自分が良いと思っても、相手にとってはそうとは限らないので、相手の表情、行動をよく見るようにし、相手は何を求めているのか、一番良い対応は何であるかを考え、実行するようにしています。
とは言っても、まだまだ私も成長段階ですので、これから経験を積んでいきたいです。

嬉しかったお客様からの言葉は?

「ありがとう、美味しかったよ」という言葉は何度頂いても嬉しいです。
その中でも、「ここのお店は本当にサービスがいいね。また利用させてもらうわ。」という言葉を頂いた時は、とても嬉しかったです。

自分だけではなく、他のスタッフもお客様に良い対応をしてくれていた証拠です。
このような言葉を頂けるように、常に良いサービスを提供していきたいです。

仕事のやりがいは?

どういう店にしたいかという事を考え、自分で実行して店を変えていけます。

そして自分の提供したサービスでお客様が笑顔になり、「ありがとう」という言葉をもらえた時や、スタッフが一丸となって良いお店にしようとする姿勢が見られたときにやりがいを感じます。

そしてもっとよりよい店を作ろうという原動力になります。

将来の目標は?

短期的な目標は店長になり、「なでしこチーム」を作って、お客様に永く愛される店作りをすることです。
そして、その後は商品開発に携わりたいです。
学生時代に取得した管理栄養士の資格を活かして、毎日食べても飽きの来ない、健康にも配慮した商品を開発したい思っています。
お客様に支持され、毎日通いたくなるような味を生み出したいです!

就職活動中の皆さんへ一言

とにかくたくさんの企業を見るといいと思います。

様々な企業を見ることで、自分が本当にやりたいことは何であるかということが分かってきます。

就職活動は不安だと思いますが、自分に合う企業は必ずあるので諦めずに頑張ってください。

このページの先頭へ戻る

本社勤務 岩永未希

入社した際の志望動機は?

もともと事務経験が長かったので、電話応対やパソコン関係には多少の自信がありました。

もっともっと自分のスキルをアップさせたいという思いで、事務だけでは収まらないこの仕事を選びました。

嬉しかったお客様からの言葉は?

これまで事務スタッフとしてデスクワーク中心の仕事ばかりについていたため、未経験の卸業務が自分に出来るのかとても不安でした。

入社当時は右も左もわからず、前任の先輩が不在の時はとても不安で逃げ出したくなった時もありました。しかし、周りのサポートもありここまで成長できたと思っています。

卸業務の仕事と、各店舗の販促物制作やアンケート集計の期日が重なった時は猫の手も借りたい状態になり、「どうしよう、期限までに出来るかな」と焦ることもありますが、全てが終わった時には少しばかり達成感を感じました。
いろいろと仕事が重なる事が多いのでその時が一番大変です。

嬉しかったお客様からの言葉は?

仕事柄直接お客様からお言葉を頂く機会がなかなかありませんが、ラの壱は店舗数も増え、メニューの数も増えました。ランチメニューや四季のラーメンはその時その時でメニューが変り、その度に一枚一枚メニューを作り変えていきます。
時には販売開始予定日まであまり日にちが無い時もあります。

そんな中、販促物が実際にお客様の目に触れて「ポスターを見て食べに来た」や「メニューを見て食べたくなった」などとご来店頂くきっかけになったり、少しでもお店に貢献出来た時はやっていて良かったと強く思います。 

仕事のやりがいは?

卸先の空港売店へ商品を提案し、その商品が採用された時は嬉しく思います。
さらに売行きが好調で発注数が増えた時はより一層嬉しく、色々な思いをしましたがこの仕事をやっていてよかったと強く思う瞬間です。

各店舗の販促物を作成していく上で自分にはデザインのセンスが足りないと思っていますが、自分で一からデザインした物を上司に見てもらい「いいんじゃないか」という言葉をかけてもらえた時に、作って良かったとモチベーションが上がります。

将来の目標は?

各店舗の販促物制作においてお客様が「ラの壱に行きたい」「ラの壱のラーメンが食べたい」などと思えるような物を制作出来るように、日頃からいろいろと広告や看板、ポスター等を見る習慣をつけ、自分自身のデザインセンスを高めていきたいと思います。

事務、卸業務、制作全てにおいて難なくこなせるようになっていきたいと思っています。


就職活動中の皆さんへ一言

不安や悩みを抱えながら就職活動中だと思います。
大学で学んできた事や、サークル活動などで取り組んできた事、本当にやりたいと思える仕事に対する熱い思いをありのまま出し切ればきっと結果はついてくると思います。

悩んだりする時もあると思いますが、そんな時は友人よりも親や先生にアドバイスをもらうと様々なアドバイスが聞けると思います。
他人の事は気にせず、焦らず自分らしさを忘れずに頑張ってください。

このページの先頭へ戻る

PAGETOP